足球专家竞彩推荐分析预测

大雨を伴う台風は森林倒壊リスクを増大させることを解明 -雨台風による森林倒壊のメカニズムに迫る-

  • プレスリリース 研究報告

竹見哲也 防災研究所准教授、森本淳子 北海道大学准教授、饗庭正寛 人間文化研究機構総合地球環境学研究所特任助教、松井孝典 大阪大学助教らの研究グループは、大雨が台風による森林倒壊リスクを増大させることを突き止めました。

 

風による被害は比較的小さく雨による被害が大きい雨台風では、これまで知られてきた強風が森林倒壊を引き起こす現象に加え、強風と大雨の相互作用が森林倒壊を引き起こす現象が生じています。この知見は、2016年8月下旬に北海道に連続して上陸した台風による森林倒壊を対象にした、機械学習法によるモデリングで得られました。また、尾根筋の森林や、斜面方位と同じ方位(正面)から強風を受けた森林は、風当たりが強いため倒壊しやすく、台風期間中の降水量が多い森林ほど 倒壊しやすいことが判明しました。降水量に対する感度は優占樹種により異なりました。

 

今後、気候変動により日本では台風による雨量増加が予想され、森林倒壊による林業被害・インフラ破壊を最小限に抑える適応策が求められています。雨台風による森林倒壊のメカニズム解明につながる現象や森林倒壊のハイリスク条件を解明した本研究成果は、森林管理における具体的な適応策を見出す上での貢献が期待されます。

 

本研究成果は、2020年9月10日に、国際学術誌「Forest Ecology and Management」に掲載されました。